風邪気味の私に起こった、辛い出来事!


・科目:療養科
・勤務形態:日勤夜勤の3交代勤務
・勤続年数:3年



これまで一番辛かったのは、夜勤の勤務であった出来事です。
風邪気味でしんどかったのですが、夜勤は介護士さん2人との3人組。

看護師はひとりの夜勤となるため、勤務人数がぎりぎりのため、
急に変わってもらえるような人も見当たらないので、
無理をおして夜勤勤務に行きました。

通常なら寝てくれている患者さんも、私が風邪気味で、
しんどいのが何となく分かるのか、目を覚ましており落ち着かない様子。

何度も何度も、ベッドから降りようとされ、ベッド下に置いたセンサーが鳴ります。
そのたびに、部屋に行き様子をみないといけないので、本当に辛くて...

しかも、おむつ交換はいくら風邪でも休むことはできません。

なんせ、40人近くのおむつ交換は、3人でも時間が足りないくらいなので、
私がしないと、介護士さんに迷惑がかかります。



=========================
<<関連サイト>>
CRA・CRC治験への転職は、求人サイトの利用がおすすめです!
CRA・CRCは、看護師・薬剤師など、有資格者に人気の、治験の転職先です。
CRA・CRCなどの、治験への転職に、求人サイト(無料です♪)を利用すれば、
選任のコンサルタントが、あなたの代わりに、(本当に!)色々と動いてくれます。
当サイトでは、求人サイトについて、詳しく解説していますので、是非、参考にして....
CRA・CRC治験への転職は、求人サイトの利用がおすすめです!
=========================



やっと全部の部屋を回り終え、看護記録も書き終わろうとした時に、
急に患者さんについている、アラームが鳴り始めました。

急変です。

すぐにドクター連絡し、点滴を取りに薬局に走ります。
もう、風邪なんて言ってられなくて必死でした。

2時間くらいして、ようやく患者さんは落ち着かれましたが、
私が帰るはずだった深夜1時から、もう既に、1時間半も過ぎていました。

看護師は、人を診る仕事なので、いろいろな事態が起こることは、
承知はしているのですが、このように体調が悪い時に、
次々いろんなことが起こると、一番辛いのです。